江戸川区・小岩の不動産をはじめ葛飾区 墨田区の不動産なら リクシル不動産ショップ アールケイホームにおまかせ

住み替え成功のカギ

住み替えを行う時、現在お住まいの物件の売却と、新しい住まいの購入という2つの取り引きを同時に行わなければなりません。
売却した資金を購入資金にあてるための段取りや住み替えのタイミングなどを、事前にしっかり計画立てることが大切です。

住み替えを成功させるためには、売却と購入それぞれの販売・購入活動の段取りをしっかりと組むことが大切です。
売却をしてから購入をする「売却購入型」と、購入をしてから売却をする「購入売却型」の2タイプについて、それぞれのメリット・デメリットを挙げていきます。
どちらのタイプが自身にとって最適かを、じっくりとご検討ください。
アールケイホームでは様々な条件からお客様に合った段取りをアドバイスさせていただきます。ご相談ください。

売却購入型

先に現在のお住まいを売却し、それから新しい物件を探し、購入します。

メリット
先に売却することで購入資金の目処が立つため、新しい物件の資金計画が立てやすい。
新旧の住まいを同時に所有する期間がない、もしくは限定的なので重複してお住まいを維持しなくても良い。
売却が決まるまで現在のお住まいに住むことができるので、納得がいくまで売却活動に注力することができる。
デメリット
売却した物件の引き渡し日までに、新しい住まいをへ引っ越ししなければならない。
購入物件がすぐに決まらない場合、仮住まいを準備しなければならない。

購入売却型

先に新しい物件を探し、購入してから、現在のお住まいを売却します。

メリット
希望条件に合った物件を探す間、現在のお住まいに住むことができるので、時間をかけて物件探しを行うことができる。
現在の住まいから新しい住まいへ、直接引っ越しができる。
引っ越しまでの段取りが組みやすい。
デメリット
購入資金が先に出ていくため、資金に余裕が必要。
売却に時間がかかる場合、新旧の住まいを同時に所有する期間ができてしまう、ケースによっては2重のローンを支払うことになる。
早く売却したいという思いから、売却金額を下げてしまう傾向が出ることがある。